サラリーマンが失敗しない最初の一棟目を買えるようにする塾 本気で不動産投資を実践する方を応援します 5棟10室事業的規模の物件購入迄徹底フォロー 名古屋で唯一中立・公正な不動産投資セミナー(対象地域:名古屋市 愛知県 岐阜県 三重県 東海三県で成功する不動産投資ノウハウが学べます)

C3

コラム3 不動産購入の資金とは?

今回は、収益物件を購入する際の資金についてお話します。

収益物件と言っても、数百万円のワンルームマンションから、
億単位の一棟アパマン迄その種類は様々です。

でも、資金調達の手段は次の2つしかありません。

それは、

  1. 全額自己資金
  2. 自己資金+金融機関からの借入

このいずれかしかありません。

1の全額自己資金(=自己資金)の場合は、

  • 現預貯金
  • 退職金
  • 住まいや相続不動産を売却した資金
  • 親からの贈与

などは、まとまった資金が考えられ、

購入可能な収益物件の予算は、この自己資金金額の範囲内に限定されます。

ストレートに言うと、用意できる金額が、購入できる物件の予算と言うことになるのです。

2の自己資金+金融機関からの借り入れについては、

金融機関からの借入を利用することで、

1の自己資金以上の収益物件を購入する事が可能となります。

ロバキヨさんが、書籍の中で、レバレッジを利かすと説明していましたね。

但し借入をすれば、返済義務も発生しますので、返済期間や金利などの
諸条件については良く考慮してお決めください。

無理な借入により賃貸経営を圧迫し、毎年の収支がマイナスとなり、
あなたの不動産投資が破綻する事もありますので、注意が必要です。

これをリスクと言います。

また、

売買価格全額を借入出来るフルローン

売買価格+購入諸経費迄借入可能なオーバーローン

という借入方法が、あたかも一番儲かる必勝法法であるかのように語られ、

つい最近迄大流行していましたが、

これの是非についてはあまり語られていませんね。

レバレッジを効かせすぎると、リスクは大きくなる。

        =

返済が多くなり、毎年の収支が圧迫される。

物件購入に一生懸命になってしまったあまりに、この事が、忘れ去られる事が
よくありますので、ご注意頂きたいと思います。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional