サラリーマンが失敗しない最初の一棟目を買えるようにする塾 本気で不動産投資を実践する方を応援します 5棟10室事業的規模の物件購入迄徹底フォロー 名古屋で唯一中立・公正な不動産投資セミナー(対象地域:名古屋市 愛知県 岐阜県 三重県 東海三県で成功する不動産投資ノウハウが学べます)

C6

コラム6 「不動産投資の利益とは?その2」

前回の続き不動産投資の利益・キャピタルゲイン編です。

実は、不動産投資の成否はこれに掛かっています。

また不動産で、大きく資産形成が出来るのは、これがあるからなのです。

前回長期間に渡って、アパマン経営のインカムゲインで、利益を出すのは、
いかに困難であるかをお書きいたしました。

  1. 家賃が利益の先取りに過ぎない事
  2. 後から支出が矢継ぎ早に追いかけてくる事
  3. 税務構造上の問題で、借金が多い人は、債務超過&勘定合って銭足らずの状態になる事

等から、その困難さを証明致しました。

普通に考えれば、

  • 築年数が古ければ、古いほど、・・・・修繕費用
  • 借金が多ければ多いほど、・・・・構造上キャッシュアウト
  • 借り入れ条件が(金利高など)悪ければ悪いほど、・・・収支悪化

賃貸経営のチェックメイトは早まるはずです。

冷静に考えても、ハイレバ、築古物件の長期保有が良いなどと言う
嘘ばかりの
投資手法は早くやめた方が良いでしょうね。

では?

インカムゲインがあまり期待出来ないとするならば、

キャピタルゲインの方はどうなんでしょうか?

実は、こちらの方が期待できるのです。

昔から、買って売って、売却益を得るという方法も然り。
現在では、不動産ファンドが、投資した額に対して、どのくらいのお金が戻ってくるのか?

それを年利にすると?%という方法も然り。

後者の場合、買った値段よりも安く売れたとしても、
借入比率や融資期間の長さによっては、儲かる投資が可能となるのです。

とすれば、

出口から逆算して、購入価格を決めるという方法(利は元にあり。)も有効となるのです。

もっとも固い不動産投資をしたいのならば、キャピタルゲインが狙える出口戦略は欠かせません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional